角銅真実|Manami Kakudo

長崎県生まれ、音楽家 打楽器奏者。東京藝術大学 音楽学部 器楽科 打楽器専攻 卒業 マリンバをはじめとする色々な打楽器、自身の声、言葉、身の回りの気になるあらゆるものを用いて、音楽といたずらを紡いでいる。その形はインスタレーション、アートプロジェクトでの作品制作にも及び、演奏だけにとどまらない作家としての自由な表現活動を国内外で展開している。ソロでの活動の他、2016年夏よりバンドceroにてコーラスとパーカッションでのサポートメンバーとしての活動や、さまざまなライブサポート(Doppelzimmer、野田薫、古川麦etc…)テレビ番組収録などの演奏活動、番組内の音楽やCM・映画音楽のスタジオワーク・楽曲演奏、作曲家の新作初演・現代音楽をはじめとするコンサートでの演奏、ダンス作品や映像作品・各種CMへの楽曲提供・音楽制作も行なっている。谷中HAGISOでの個展とコンサート”なにかな?”(2015)のほか、越後妻有アートトリエンナーレ2015ではレジデンスアーティストとして滞在制作を行なったほか、2016 ,2017は東京都美術館で行なわれたTURNフェスにて同プロジェクト内で制作したサウンドインスタレーションの作品を展示した。2016〜2018年と続け、ドラマーの石若駿の”Song book1,2,3”に歌詞提供と歌唱で参加。2017年 7月、自身初のソロアルバム”時間の上に夢が飛んでいる”をリリース。2017年、イギリス ロンドンのサーペンタイン・ギャラリーでアーティストのBahbak Hashemi-Nezhadのプロジェクト“On What Ground”の音楽を担当。2018年、ポーランド ワルシャワ のKrolikarnia 美術館で展示されたインスタレーション形式の映画、Square/Karolina Bregla の音楽を担当。8月に2nd ソロアルバム”Ya Chaika”をリリース。最近は、原田知世さんのソロアルバム”L’Heure Bleue”に、2曲 歌詞を提供。ORIGINAL LOVEの最新アルバム”bless you!”にパーカッションとビブラフォンで参加。歌ったり叩いたり作ったり、様々なかたちで活動をしています。

公演情報

競演

小川さくら|Sakura Ogawa

1992年生まれ。大分県別府市で育つ。
小学生時代に合唱部に所属。高校生から友人とロックバンド結成、5年間活動。解散後、ギター弾き語りを細々と続け、2015年より京都に移住。
2019年1月、高円寺円盤より斉藤友秋・橋本悠(ケバブジョンソン)・香取光一郎(PAAP・泊など)らと初アルバム「日々」を制作・発売。身近な生活を要素に、音楽をつくる。3月、京都VOXhallにて開催された「第2回 うたのゆくえ」出演。

出店

国産小麦の自家製天然酵母ぱん

ふじっこぱん

お母さんが家族に選ぶ材料を使って焼いた、毎日食べたいごはんパンを作って売っています。当日は自家製焼き菓子もご用意します。パンは翌日の朝食用に持ち帰ってもぴったり。

映像